ブログ

ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 全身脱毛したいけれど永久脱毛に悩んでいる方必見!医療レーザーのデメリット
2022/08/15スタッフブログ,よくあるお悩み,脱毛について
全身脱毛したいけれど永久脱毛に悩んでいる方必見!医療レーザーのデメリット
女性が顔に手を当てている様子

永久脱毛が可能なクリニックにて、全身脱毛をしたいと考えている方、ちょっと待ってください。

メリットが多い医療レーザーですが、知っておくべきデメリットもあります。
解決策と含めて、確認しておきましょう。

医療レーザー脱毛ならば永久脱毛できる?

医療用レーザーを使用する永久脱毛とは、毛根を適切に処理し、毛が生えないようにするための施術のこと。

エステサロンの施術でもレーザーは使用しますが、法律上、医療マシンを使用することはできません。パワーが弱いために効果が出にくく、すぐに毛が生えてきてしまうでしょう。

特に時間のかかる全身脱毛を考えている方ならば、エステサロンは満足できないかもしれません。部位によっては数回施術しても毛が生えてくることもあるため、想像以上に時間がかかります。

パワーの強い医療レーザーならば、全身脱毛であっても少ない回数で、永久脱毛を目指せるでしょう。

医療レーザーの永久脱毛にもデメリットがある

パワーのあるレーザーを使用し、医療機関にて安全で清潔な施術が受けられるのなら、全身脱毛こそクリニックを選びたいものですよね。

ところが、医療レーザーであっても、ショット式(熱破壊式)を使用した「クラリティ脱毛」しかおこなっていないところもあります。
クラリティは高温照射で毛根を破壊できるマシンですが、照射時間が長いというデメリットがあります。

1~2週間程度で毛が抜けるため満足感はあるものの、全身に1発1発時間をかけていくのは大変なこと。
永久脱毛を目指すのは可能ですが、施術中に痛みを我慢しなければなりません。

レーザーにも種類がある!
全身脱毛クリニックの選び方

女性が足に手を当てている様子
医療レーザーには他に、蓄熱式「シェボックス脱毛」という方法もあります。
低出力の熱で脱毛をおこない、デリケートな部位以外は痛みが出ないように。

顔や陰部は塗る麻酔が使用できるため、全身脱毛であっても強い痛みを感じずに施術を受けられます。

皮膚を滑らせながら照射するため、スピーディーな脱毛が可能に。毛が生えにくくなるまでは2~4週間かかりますが、痛みがないのが最大のメリットといえるでしょう。

ところがクリニックによっては、シェボックス脱毛を採用していないところもあります。
銀座周辺で蓄熱式の全身脱毛があるクリニックをお探しの方は、赤坂ビューティークリニックを検討してみてください。

顔やVIOのアリナシが選べる全身脱毛コースもあるため、ぜひご相談ください。